バラス島状況報告2016/09/28 13:18

台風17号が通過して、バラス島の形が変わりました。
朝の満潮時は波がしらが見えるだけで島が見えない
上原港から見る限り、平坦になった、明日にはバラス島に
行く予定なので確認の連絡をお願い致します。したいと思います。
今月は台風が多い、14号、16号、17号、そして18号も
怪しい動きがあり、油断が出来ません、9月は売上ゼロが続いて
残念な営業成績、悩ましい問題です、無理をすると事故リスクが
高くなります、上原航路便が欠航したら、シュノーケリングツアーも
欠航する。他のマリンショップはお客さんを案内している、
内心は穏やかではない心境ですが以前からの
方針ですから。お客さんが安全に楽しくシュノーケリング出来る
状況の中で案内する これがおもてなしの第一歩でしょう。
明日からシュノーケリングツアー始めます。

敬老会2016/09/20 07:11

連続8日間、海は荒れ続け仕事が出来ません、
これが台風被害になり、ダメージも大きい。
気温もぐっと下がり、過ごしやすい気候ですが
台風の影響で北風が強く吹き続け、シュノーケリングツアーは
出来ない状況、一刻も早く穏やかな海になって
お仕事させてほしい、今 一番必要なのは
現金収入で~す。昨日は地域の敬老会を開催しました。
色々な準備作業に追われ、とどこおりなく終了。
人生の先輩たちに少しの間だけ、楽しい時間を
一緒に過ごす事が出来ました。
最高齢は104才 70才以上は67名、高齢化社会ですね。
僕も高齢化社会に参加出来る日は間近になってきてます。

魚の大群2016/09/12 21:57

何匹いるのだろう?魚の大群、シュノーケリングツアーに参加して
頂いたお客さんに水面から見て頂いています。
僕は素潜りして 魚の大群に突入して撮影をしました。
すごい数です。魚が多すぎて向こうの景色が見えません。
9月12日 午後のバラス島です。
その魚を狙う魚もいます。「 ダツ 】です、体長1m前後
細長く ヤリのようです。長いくちばしではさみ、食べているようです。
小魚たちはダツの動きに警戒しています。
人間より怖いようです。命にかかわりますから。
島ではこの魚をミジュンと通称呼びます。

首を伸ばして2016/09/09 18:00

食事中のカメに接近してみました。
首を伸ばしてこちらの様子を見ています。
大丈夫だよ、友達なんだから、黄色の服を着ている人は
友達なんだよと言いたい。傍に子カメが居て
ツーショットも撮影できたのですがタイミングを外してしまった。
子カメにゆっくり近づいて上から撮影しました。
また会いに来ます。

参加の留意点2016/09/04 11:52

アジサシ
余裕の9月、参加するお客さんが少ないです。
シュノーケリングツアーには条件があります。
普通の海水浴ではありません。シュノーケリングします。
もちろん安全優先確保致します。
自主ルールがあります。まず年齢は6才以上からとになります。
幼児が含まれる場合はツアー時間の後に貸切状態の中で
対応する場合もあります。
そして妊娠中の方も参加を遠慮して頂きます。
大切な命を守る為です。呼吸器系に持病がある時、
心臓疾患など最近手術を終えた場合は安全性を
考慮して参加を遠慮して頂く場合もありますので
御了承頂きたいと思います。多くのお客さんを
案内して、出来る限りの気配りはすているつもりです。
これからもおもてなしを形にして対応していきます。
最後にブルーゼストは天候不良、上原航路の船便が
欠航したときはシュノーケリングツアーは欠航、中止します。